水漏れトラブル

女性

早めの対処が良い

水回りのトラブルでトイレ水漏れがもっとも厄介な問題です。トイレは湿気が高く、トイレ水漏れが生じると床や壁への影響も及ぼし、床板へ水が伝わると腐食やシロアリ被害にも発展しかねません。トイレ水漏れは主にタンクから便器へ繋がるパイプやトイレ内に手洗いがある場合、手洗い用蛇口、カラン等から水が漏れます。パイプ内には常に水圧がかかっており、開栓・閉栓で水を出したり止めたりしています。繋ぎ目部分にはパッキンが使用され水漏れを防いでいますが、パッキンは消耗品であるため、経年劣化が起こります。トイレ水漏れを改善するためには、パッキン交換や蛇口交換をしなければいけません。最近は様々な住設メーカーから多くの製品が販売されていますが、新築住宅に使用される部品は住宅メーカーのプライベート製品として販売されているものも多く、市販の部品が適合しないケースもあります。メーカーごとに規格が異なることも多く、対処方法として専門業者に修繕を依頼することが多いでしょう。お家を建てたときの建築会社を通じて業者に対処してもらうことが良いでしょう。マンションの場合、管理会社に相談するのが良いです。マンションによっては入居者が勝手に修繕業者を呼ぶことを禁止しているマンションもあり、必ず管理会社に連絡を入れなければいけないといったケースもあるようです。建物の構造や建築当時のことを良く知る業者に相談すると早めに対処ができるでしょう。